【登壇決定】いやいや、標準化しないわけにもいくまいて

セッションの種類
[講演形式][60分]


セッションを象徴する漢字の”シン”一文字


セッション概要
そもそも「アジャイルに標準化ってどうよ?」とは思いながらも、”上の人”は「標準化しろ」って言うし、その一方で「リーダーシップのある人だけのチーム」では横に拡がらないし・・・当然ウォーターフォールのプロジェクトとの絡みも無視できないし・・・と標準化にかかわらざるをえなくなってお悩みの諸氏に、ちょっとしたアドバイスと具体的な段取りを差し障りのない範囲で提供する60分です。

参加者の前提知識
アジャイル(スクラム)についての基本的な知識のあるリーダクラス。特に「標準化しろ」と押しつけられた・・・もとい、重要な任務を託された技術者、標準化組織の皆さん。

参加者が得られるもの
従来型の組織でアジャイルを標準化する際の落とし穴とそれへの傾向と対策、具体的な段取りの案を持って帰っていただきたい。


発表者氏名
藤井 智弘

発表者 所属/役職
DAD本翻訳チーム

発表者 プロフィール
非従来型開発技法の導入支援を手がけて早20年、最近はアジャイルにも手を出しているが、ネット系のイケイケ部隊相手よりも、従来型に染まりきった開発組織の支援が80%。そんな中での「アジャイルのガバナンスモデル」が今の関心事。
SAFe/ Disciplined Agile Delivery Certified.

“【登壇決定】いやいや、標準化しないわけにもいくまいて” への 2 件のフィードバック

  1. 大企業でのアジャイル普及について、標準化はよく議論になります。アジャイルと標準化はあたかも対極にあるようでいて、それでも日本独自のアジャイルの形をすすめるヒントになるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です