止まらないプロダクト開発:オフショア開発でバリューを届け続ける

セッションの種類
[講演形式][30分]


セッションを象徴する漢字の”シン”一文字


セッション概要
従来の委託開発モデルでは要望がある際に、都度見積もり・発注・要因確保・開発・納品・検収などのプロセスを通し小さな改修でもエンドユーザに届けるまでに時間がかなり掛かってしまいます。
そのムダを解消するために以下のモデルを考案し実現しました。
・常にチームをアサインし、要求がすぐに対応されるようにする
・オフショア開発でコストを抑える
・月々に開発で使用可能な時間を設け、必要なときだけに使えるようにする
・未使用時間や使用超過時間を繰り越しや別途清算で予算や計画調整を安易にする
実現するにあたり、幾つかの課題に直面しましたので本セッションで共有させて頂きます!

参加者の前提知識
対象:
・オフショア開発で悩みを抱えている方
・プロダクト開発の委託でコストとスピードに悩みを持つ方
前提知識:
・アジャイル開発の基礎が理解できる
・DevOpsの概要が理解できる

参加者が得られるもの
・オフショア開発のあるある課題を解決するためのヒント
・プロダクト開発のバリューチェーンを最適化できるヒント


発表者氏名
JB

発表者 所属/役職
ITコンサルタント・プロジェクトマネージャー

発表者 プロフィール
日本滞在歴12年。
IT業界にB2BやB2Cの幅広い経験を持ち、主にビジネスコンスサルタント、ソリューションアーキテクトやプロジェクトマネジメントとして活動中。
アジャイル開発、scrum、DevOps、Lean managementで日本のソフトウェア企業をより強くできるという信念を持つ。
趣味はランニング、温泉、ネットワーキングと最新の技術やプラクティスの勉強!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です