【登壇決定】ただのエンジニアがチームの改善を謀ったら。。。(仮)

セッションの種類
[講演形式][30分]


セッションを象徴する漢字の”シン”一文字


セッション概要
最初はただのエンジニアだった人間が、組織が大きくなるにつれてチームの開発改善を謀る様になり、気がついたらチームのマネジメント的なことまでする様になっていた話をチームの肥大化の課題と、事業の拡大にどう開発チームが対応していくかという観点に注目してお話できればと思っています。

事業が大きくなると、メンバーを増やす傾向にあります。
実際私がエンジニアとしていた事業が肥大化し、エンジニアも、関わるメンバーも増えた際に直面した
  - やりたい開発がなかなかできない
  - ステークホルダーが多くて動きづらい
  - 運用が多い
  - エンジニア感でのコミュニケーション方法の難しさ
みたいな壁とその解決方法、結果などを分析した内容を予定しいてます。

参加者の前提知識
開発メンバー、開発のマネジメントをする人

参加者が得られるもの
開発メンバー目線からの開発改善の実例や、検証結果など。


発表者氏名
茅野 祥子

発表者 所属/役職
CyberAgent adtech studio / エンジニア

発表者 プロフィール
CyberAgent adtech studio エンジニア 3年目。Dynalyst 所属。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です