アジャイル開発に使える説得術 -交渉学と社会心理学を使って-

セッションの種類
[講演形式][60分]


セッションを象徴する漢字の”シン”一文字


セッション概要
アジャイル開発をしていると、コミュニケーションを取る機会、他の人と話す機会が増えると思います。
そして、ステークホルダーやメンバーでも交渉・説得する場面に何度も遭遇すると思います。
しかし、人を説得するのってどうやったらいいか、理論的なものを学ぶ機会は少ないと思います。
そこで、交渉学と社会心理をベースとして、交渉が失敗するメカニズム、自分の実践事例を紹介しながら交渉・説得術を説明します。

権限を持っている人は指示するのは簡単ですが、指示することでやる気を失わせてしまう可能性があります。
そこで、やる気を奪わない説得を実施してみませんか。

この手順でやれば大丈夫というマニュアルではなく、研究結果を元に自分がハマっているポイントを見つけて頂けたらと思います。

近くの席の人と簡単に話しながら理解を深めて頂く簡単なワークを実施する可能性があります。

参加者の前提知識
人と関わる仕事をしている方、スクラムマスター、スクラムメンバー、プロダクトオーナー

参加者が得られるもの
交渉・説得において必要な


発表者氏名
川鯉光起

発表者 所属/役職
ヤフー株式会社 ヤフオク!カンパニー プロダクトオーナー

発表者 プロフィール
ヤフー株式会社にて、エンジニアを経て、組織改善とプロダクトオーナーを担当
教育心理学・社会心理学に興味があり、人の仕組みを活かしたプロダクトマネジメント、組織改善を行っている。
・認定スクラムマスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です